MAY STREAM

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひぐらしのなく頃に

罪滅ぼし~祭囃し編まで一気にプレイ。


以下感想。






推理モノとしては鬼隠し~暇潰し編で成果が出ているので今更言う事もなし。
その解答がどうだったか、については、最終解答として提示された三つのルールである、①疑心暗鬼に陥ること、②鷹野の意思、③雛見沢の風習、にたどり着ければ正解だったと言う事で、その他のミスリードに惑わされなければ、解答の形としては実はシンプルだったのではないでしょうか。
自分には無理だったけど。


さて、祭囃し編。

三つのルールを解決した上で、完全決着を図る祭囃し編は、推理モノとしては蛇足としか思えませんでした。
完全決着の道筋を問うにしても、キャラクターの能力が超人的になるというあまりに突飛な展開になってしまったため、無理ありすぎなストーリーでした。
そうでもしないと完全決着なんてできなかったといえば、それで終わりですが。

祭囃し編は鷹野の昔語り、カケラ紡ぎを除けば、部活のノリが続きます。
これが肌に合えば○、合わなければ×。
自分は後者でした。

作者があまりにもTYPE-MOONの影響受け過ぎてて、やり過ぎな印象が最後まで絶えなかった。
突然の赤坂・冨竹の超人化にしても、苦笑が先に出たくらい。

SEのしょぼさも手伝って、バトルシーンは無い方が娯楽としては面白かったと思います。

結論としては、祭囃し編は、単体で見ると微妙、「ひぐらしのく頃に」という作品のラストを締め括るパートとしては綺麗な終わり方だったという感想です。


余談。

圭一とレナの影の薄さにガッカリ。事実上の主役なのに…全キャラ均等に見せ場作ったせいか。


余談2。

梨花ちゃんツンデレ化。不覚にも萌えた………が、超人化赤坂が相手で萎えた(酷


余談3。

詩音、カケラで出番無し。最後まで忘れ去られるかとヒヤヒヤ。でも見せ場あったので救われた形に。
逆に魅音は最後までヘタレでいてほしかったなぁ。


余談4。

羽入の存在自体に疑問を覚えつつ。皆殺し編でいきなり出てきた時はやっぱり唖然。(罪滅ぼし編のTIPSで台詞はあったけど)
ループする世界というのが判明してから、どうにも話にノリ切れなかったのが残念。


余談5。

音楽は頑張ったのに、SEに進歩が無かったのは何でだろう………打撃音をもっとマシな音にするだけでも、バトルシーンのノリが違ったのに。


余談6。

カケラ紡ぎは多少グダグダ。淡々と答え合わせ。
ひデブにスケジュール食われたのか、中身まで食われたのか………


スポンサーサイト

テーマ:ひぐらしのなく頃に - ジャンル:ゲーム

  1. 2006/08/20(日) 02:59:34|
  2. スクラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ストロベリーパニック | ホーム | つよきすCool×Sweet 第2話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://prismriver.blog23.fc2.com/tb.php/192-ff7facb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
本家サイトはこちら

アニメ視聴予定
ハヤテのごとく!
   ゼロの使い魔~双月の騎士

ななついろ☆ドロップス
School Days


魔法少女リリカルなのはStrikerS
アイドルマスター XENOGLOSSIA
   ひぐらしのなく頃に解

プロフィール

Author:ヴィント
夢はニート

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Blogリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。