MAY STREAM

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハヤテの合言葉はBee!

今週のハヤテはネタがピンポイントだった…

タイトルからしてMIND EDUCATIONだし、合言葉はBee!だし、DVDとTV放映版で順序どうこうだったし。
久々のヒナギク話なのに、こっちに目がいくってのはアレだなぁ

後、スクラン。
いつの間に美琴と麻生付き合ってたんですか?とか疑問はあるわけだけど(数週間ほど読まなかった時期があるので)あっさり解消。
いや、ほんと唐突。

そろそろ終わるのかな。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/09/27(水) 23:10:55|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストロベリーパニック26話

静馬様逆転勝利。

玉青は結局最後まで咬ませ犬でした。

いやはや、エトワール選乱入するのは結構意外だった。
エトワール選は無難に玉青に見せ場つくってその後に決着かなと思ってたんですが。
2クールもあった割りには最後駆け足だったな。
夜々と蕾は最後の最後にして絡み。OPでしかフラグないよっ!
毎度思うが、蕾のツンデレ描写はやり過ぎ。コレでしかキャラが立ってないから仕方ないのか。

あと光莉は影薄すぎ。

テーマ:ストロベリー・パニック - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/09/26(火) 21:21:14|
  2. 東方
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ひぐらし

久しぶりにひぐらし見たら、萌えアニメになってた>罪滅ぼしで圭ちゃんが魅音を抱きしめるシーン

罪滅ぼし以降は寒いギャグの連続になってしまったので、アニメが罪滅ぼしで終わった後、果たして皆殺し→祭囃子をやるのかどうか。
話として微妙だと思うんだよなぁ。

アニメスタッフも、猟奇系ホラーとしてひぐらしを認識してたように思えるし、祭囃子のアレを作りたがるとも思えん。
ガンガン動きまくるアクションアニメにしてしまえば、それはそれで需要あるだろうけど、別作品になりますね。

テーマ:ひぐらしのなく頃に - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/09/24(日) 01:31:17|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思えば遠くまできたもんだ

堀江由衣さん、三十路突入おめでとうございます。

ふと気になって、声優の年齢をちょっと調べてみたんですよ。
別に、ファンに喧嘩売るつもりはなく、「この人がもうこんな年齢なんて、俺も老けたな」っていう時の流れを実感してみたり。

そんなわけで以下、目ぼしい方々。


●十代

平野綾18歳/長谷川静香18歳/清水芽衣16歳

 かつてのちびっこトリオ。当時リアル小学生だったのに、平野に至っては今や大学生ですよ?
 天使のしっぽをやっていた当時、まさか平野がここまでブレイクするとは思ってもいなかった。
 Canvas2で菫役やってても、天使のしっぽと結びつかなかったし。

●二十前半

小清水亜美20歳/清水香里23歳/渡辺明乃23歳/福井裕佳梨23歳

 個人的には空白地帯である二十前半。
 スクランとかここら辺で固まってるのかしら。

●二十後半

新谷良子25歳/坂本真綾26歳/植田佳奈26歳/後藤邑子26歳/能登麻美子26歳/桑谷夏子28歳/野川さくら28歳/飯塚雅弓29歳/

 現在の主力やら、もはや過去の人とか、有象無象。
 意外と若かったり、逆に妥当な年齢の人とか。

 妥当と思ったのが、植田・能登・野川辺り。
 若いのは真綾・ごとゆ~、飯塚だなぁ。芸暦の長さ考えたら、もうベテランだ。

 シスプリ声優組はここら辺に固まってます。

 後、ここには書いていないですが、スタチャがプッシュするAice5は26~30なんですね。


つーか、長いので一旦切り。

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/09/20(水) 22:07:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストロベリーパニック25話

エ、これがオチ?('A`)

光莉の歌を聴いて記憶を取り戻すというなんてベタな展開。
後2話だから、仕方ないけどさw

その後の朝チュンは……笑いどころ、でいいよなぁ?
会長に焦点を当てる(光る凸)のはどうでもいいから、剣城さん・鬼屋敷さんに頑張ってほしかった。アレじゃいなくても良かったな。脇役同士で解決されたら意味があまり無いわな。


一方ミアトル。

玉青の咬ませっぷりヒドイ

ミアトル上級生組全員にダメ出し。
しかも静馬に見せ場もって行かれた。

そして次回最終回。

千華留さんはサンタコス?
タイトル『始まり』ってのが『終わらない明日へ』並みに不安感を煽るけど、もうメインで笑いは無いだろうから落ち着いて見られるかしら。

テーマ:ストロベリー・パニック - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/09/19(火) 21:01:44|
  2. 東方
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

トゥインクル☆スターシップ11巻

tw11.jpg



読了。

毎回、前巻で起きた事をすっかり忘れてるというのが泣ける。

今回も、

 「アレ、ミハルって生存確認されてたっけ?」

 「カリュクス見つかってたんだっけ?」(前回の話の核です)

 「ミヅキいつの間に帰ってきた?」


 「そもそも今どういう状況?」

こんな感じ。
ラノベにしては普通のペースで刊行されてるはずなんだけど…


そんな前置きはおいておくとして、本編。

カリュクス争奪戦。グルグル偽物が入れ替わる話。
アレだよね。「ジェバンニが一晩でやってくれました」の一言に尽きる。
要するに、デスノみたいに対立する思惑から事態が複雑になるって展開を描きたかったようで。
おかげでカリュクスに隠れて、人間が動いてないように見えてしまう。

今回目立ったキャラいたかなぁ?
そもそも表紙の片割れユッカに至っては登場してないのは哀れ。前回表紙飾った時も出番無かったな、カワイソス(´・ω・`)
一応、カリュクス争奪に隠れて進行している縁組話の中心キャラではあるんだけど。

そんな中で唯一、作者のキャラ設定が見えてこない(良く言えば、キャラが一人歩きしている)キャラがユズリハ
ユアンの悪巧みという伏線が新しく張られたので、ユズリハ話も期待できそうです。元々3巻初登場、3巻で問題解決というゲストヒロイン扱いだったからなぁ。


次巻が12巻。
庄司作品としてはそろそろ鬼門になりますね。

 十将伝…12→13巻に6年
 ヨーコ…本編12巻から6年停滞
 ダンシング~…デビルス(4巻)と合わせて12巻で停止(打切り?)から8年

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/09/18(月) 00:09:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

とらドラ!

偽乳特戦隊にピンポイント笑い。
このセンスは凄い。


うたわれるものラジオ第11回

トウカ役の三宅華也ゲスト。
前回のクロウ程全編弾けていたわけではないけど、面白発言がありました。

「二次元が初恋じゃダメですか?」

多分リスナーは皆頷いていると思うよ?

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/09/15(金) 23:29:03|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

めっきり寒く

でも職場では篭ってるので体感では暑く感じる。
眠くて眠くて死ぬぜー。


● 植草教授、痴漢で逮捕

酔ってたんじゃ言い訳利かないよなぁ。
ミラーの一件から時間が経って気が弛んだのさ、きっと。


君が望む永遠遙ルートアニメ化決定

今更だけど、コレはかなり微妙。
ageはマブラヴもそうだったけど、メインヒロイン二人のシナリオって終盤までほとんど同じ話なわけですよ。
前回のアニメで、遙シナリオも結構消化してしまっている。

しかも最初から遙ENDと銘打って放映してしまったら、「どちらを選ぶか」で盛り上がることが無い。

完全にファン向けでアニメなんて作れるのかね…

と思ったけど、何処にもTVアニメとは書いてないし、OVAなら元取れそうな気がしてきた。
  1. 2006/09/14(木) 22:24:06|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホスト部楽しい

お気に入りの回はロベリア女学院×2話。

今週の24話も良い出来でした。喜久子さん使うとはなw


10月期新番まとめ

55本っすか…多いねぇ。
注目作はかなりあるけど、以前書いたように原作既読は切る可能性が高く。

最近のRO

どうしちゃったの癌呆?
といっても、既にROは装備も全部譲渡して99%引退しました。
装備は……時価70~80Mくらい?少ないネ。
火宝剣25Mがかなりの部分占めてたなぁ(買った当時5.5M
  1. 2006/09/13(水) 22:43:22|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストロベリーパニック23話・24話

ようやく放映に追いついた。


・23話

 そろそろ何がしたいのか良く分からなくなってきた…
 静馬さま、浮き沈み激しすぎ。

 すべての黒幕は六条さん。花織の件といい、静馬のパートナーでありたい六条さんのエゴですね。
 そんな認識。RPGならラスボスだ。

 どうでもいいが、天音は落馬シーンまでもギャグですね。

 
・24話

 ちょw記憶喪失ってwww

 スピカは最後までギャグ路線突っ走る気ですか?。
 光莉の涙が落ちて目を覚ましただけでも笑えたのに、都合良く記憶飛んでるってアホ過ぎ。

 光莉の慰め役にまで千華留さん使うのはどうかなぁ。今までこの二人、会話すらしてなかったと思うんだけど。
 励まし方も普通過ぎてイマイチ。既に渚砂で似たシーンがあったしな。
 ここはやっぱり、スピカ・ミアトル不在で盛り下がるエトワール選を盛り上げようと突然出馬表明するとか、光莉といちゃついて見せて天音ショック療法してみるとか(それは剣城さん向け

 ミアトルの方は、静馬は完全に吹っ切ったのかな。
 2話を残して問題解決してしまうってのは気になるが。

テーマ:ストロベリー・パニック - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/09/12(火) 20:56:03|
  2. 東方
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

寝付きが少しでも悪いと仕事キツイ

非常に眠かったとです……

ラノベのお話。

庄司卓新刊、『グロリアスドーン』&『トゥインクル☆スターシップ』11巻

読んでません。そもそもグロリアスドーンはあまり読む気も……
四季童子イラストってのは変わった組み合わせだけど、帯からして中身に代わり映えがしないのが。
トゥインクル☆はあまり話が進んでないらしく。その内買うかも。

『とらドラ!』3巻、『灼眼のシャナ』13巻

久しぶりにシャナ新刊。といっても、一年も経ってないけど。
彩飄編終わるのかね。

マリみて新刊『大きな扉 小さな鍵』

ペース速すぎ。
未来の白地図から読んでない……既に3巻分空いてるよ!
  1. 2006/09/11(月) 22:49:27|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストロベリーパニックその3

どうも、小説版とアニメじゃ設定にかなり違いがあるそうで。
まあ、シスプリと同様、メディアミックス展開を想定していたからだろうけど。

原作のキャラデザはイマイチかなぁと敬遠してたものの、千華留の策士っぷりは小説の方が凄いらしいとの噂なので、読んでみようかしら。


さて、アニメ感想は13話から~。


・13話

 中盤のクライマックス、スピカ編。
 相変わらず真面目にギャグをやってくれる連中です。

 剣城さんは天音より突き抜けてて逆に面白いわ。どう考えても逆効果だろ、アレ(笑
 鬼屋敷さんの足引っ張りまくりワロス。
 珍しく日本スタッフで、この回は気合入ってたのかね。

・14話

 OP・ED変更。OPは動きは無くなった分構図がちょっとカッコいい。
 冒頭の一枚絵のエロさは要らないデス。

 アニメ組がようやくOPに入った代わりに、ル・リム完全空気化。

 夜々の見せ場はこれで終わりか…もうちょい引っ張るかと思ったけど。

・15話

 3校学園祭。
 千華留さん、あんなキャラなのに人気3位なんですか…おかしいですよ、千華留さん!
 万能であるが故に、メインには据え難いキャラだよなぁ。

 そして夜々が普通のギャグエロ担当に戻った。

 スピカ生徒会長の凸演出は酷いw
 憎めないキャラだなぁ。

・16話

 学園祭本番。
 スピカの悪役二人組は本性出し過ぎ。おかげで生徒会長イイ人に。

・17話

 エトワール選。
 ここでようやくパートナーの存在が明らかに。
 天音に資格が無いという序盤の伏線がようやく回収。最初何のことかと思ってた。
 静馬が心を置き忘れた…ってのはどうにも。
 普通に下級生にちょっかいかけてたじゃないか。

・18話

 中身皆無の回。
 そこまで引っ張って話さないのかよ。

 タイミングよく嵐になるのは笑うところ。

・19話

 ようやく話の核となる花織登場。

 って、六条さんの紅茶、褒めておきながら飲んでねぇ!何て外道。
 六条さんと花織はお互い気に食わなかったような演出は、最後のエトワール任命式で完全に認め合う形に繋いでいるんだろうけど、ちょっと詰め込みすぎたかな。
 
 静馬の地はこんなキャラかぁ…たしかに、サボり癖とかお嬢様の割に緩い性格だったけど。 というか、これじゃまんま聖さまですね。

・20話

 お子様組頑張り物語。

 でもさあ……常に二人一組で登場してる絆奈と檸檬って、最も影薄いメインキャラだよなぁ。
 しかし、絆奈は今までで一番輝いてたな。指相撲不意打ちキスとかした割にはキャラが薄かっただけに、わずかばかりの救済措置だ。
 渚砂との交流、今まで一回も描かれてないけどなっ!

 下級生の支持を印象付けて、エトワール選に出る伏線にしてるんだろうけど、個人的には中立かつ上級生の威厳で、千華留さんに頑張ってほしかったなぁ。

・21話

 エトワール返上。

 ノリが最強トーナメントとかそんなノリ。
 六条さん頑張りすぎです。静馬、渚砂無しで立ち直っちゃったよ?
 
 本当の愛だとか、クサい台詞連発で聞いてられねー。

・22話

 剣城さん、いきなりどうしちゃったのw
 光莉に反論されて、ポエム始めたと思ったら変心ですか。

 スピカ問題解決編。天音vs要、光莉&夜々。夜々、もう一回見せ場ありました。
 光莉外道、超外道。 夜々の説得要員が光莉っておかしいだろ。
 アレで納得しちゃう夜々さんは所詮良い人。

 鬼屋敷さんが完全に割を食った形になりました。哀れ。

テーマ:ストロベリー・パニック - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/09/10(日) 22:34:53|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近況とか

ストパニ連続更新してますが、最近のことなどちょっと。

暇を持て余す学生生活も終え、(一応)社会人なんてものになってしまったわけでして、平日はホント真っ当な生活してます。

新人だから大して仕事ないし、結構早く帰ってはいるんですが。
追々、残業しまくるようになると上司から言われてたり。ヒィィィ

ようやく生活リズムにも慣れてきたという事で、ブログの方も昔くらいのペースには戻したいところ。


後、右のWeb拍手とか細々としたものを修正。
感想等、改めてお願いしますー。


○アニメ

うたわれは継続。
つよきすは2話で打ち切り。早々に諦めた。
代わりに、ホスト部とストパニが面白かったので視聴開始。
ゼロの使い魔は微妙かなーとは思ってるけど、何故か継続。良い点も見つからないけど、悪くも無し?

○○○○○○○は便利ですね(禁句

10月からは、
おとボク、けよりな、Gift、はぴねすといったエロゲ原作U局から、
デスノ、武装錬金のジャンプ陣、
業界的には本命のKanonがあります。

基本、原作を知っていると先が分かって視聴打ち切る可能性が高いので、武装錬金とかけよりな、デスノは微妙になりそう。

Kanonはどうなんだろうなぁ…東映版を黒歴史と思ってないから、再アニメ化されても。


○ゲーム(ってかエロゲ

どうにも食指が働くゲームが無い…
最近は中身の無い萌えエロよりも、少しはストーリーに期待できる作品がやりたい気分。

何か無いかしらー。

  1. 2006/09/10(日) 00:19:43|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストロべるパニックその2

7話から~。

・7話

 大・爆・笑(誤用 さすがスピカ、無駄にエロ(ギャグ)担当だ。
 天音のナルシストっぷりも突き抜けてるけど、生徒会悪役二人がイイ味出してる。
 ってかエロい。エロ過ぎ。
 しかもベタ過ぎて天音の後押ししてるのかと本気で思った。
 鬼屋敷さんに評価◎

・8話

 ル・リム担当回っぽいのにほぼメインキャラ全員登場。
 予想通りの不遇だ。
 
 ル・リムは高校生メインキャラが千華留しかいない時点でハブられる運命なんですね。
 だが、千華留さえいればル・リムはどうとでもなる。それがいい。

 最後の相合傘のシーンはどう考えても傘の数が合っていません。

・9話

 水着ホラー。

 六条さんはアニメオリジナル?原作キャラ紹介にもアニメOPにも出てないし…
 気付かなかったけど、4人×3校で12人なのね、メインキャラ。

・10話

 他の科目で及第点に乗らないオチを最後まで期待していました。

 そして玉青の得意分野がことごとく静馬の守備範囲なのが泣ける。勝てねーよ。

・11話

 うーみー。
 基本的に萌え系アニメで海行く回って捨て回だよね(作画
 止め絵で誤魔化し効くからなぁ。

 上級生組が参加してないのに、千華留だけは旅行参加…微妙な立ち位置だ。
 ル・リムのメインヒロインが絆奈だという事をキャラ紹介でようやく知りました。
 目立たねぇ…

・12話

 珍しく渚砂と天音の組み合わせ。天音のキザ過ぎる台詞も慣れた。
 天音は随分とまたミアトル嫌いのようで…籠の中の鳥ってなぁ。
 渚砂は普通っぽいキャラだけど、家柄は良かったりするのかね。

 そして寸止めしまくったキスシーンがついに。
 もうほの百合じゃない。ガチですね、これ。
 玉青の咬ませっぷりが哀れ。


________

お気に入りキャラは、千華留がダントツで。
これはもう揺るぎそうにない。

初見では、花リボンが見るからに頭弱そうだったのに。
こんな面白キャラだとは思いませんでした。

出番が少なく、百合描写が無いってのも好材料だったりするけどナ。

テーマ:ストロベリー・パニック - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/09/09(土) 16:31:48|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストロベリーパニック

意外に面白い。

今更1話から見ているわけだけど…現在6話まで視聴。

以下、各話見た時の直球感想。

・1話

 紅薔薇エトワール様、結構お茶目。
 魔眼に笑った。一回ならまだしも、二回以上やられるとギャグだ。

・2話

 またしてもエトワール様の魔眼。

・3話

 山百合会3校生徒会長揃い踏み。
 スピカからヤムチャ臭が…千華留のごーいんぐまいうぇいっぷりに萌えた。
 この時点でル・リム優勢(意味不明

・4話

 白薔薇ファミリースピカ組担当回。
 夜々がエロ担当かと思いきや、意外と汎用キャラ。
 令ちゃん天音はあらゆる行動がネタ。
 
・5話

 マリみてが妹問題引っ張りまくって下降線なのを考慮したのか、速攻で妹登場。
 中高一貫は便利。
 蕾のツンデレっぷりは見てて酷いと思った。

・6話

 ル・リムメインかと思ったら、エトワール様に全部持っていかれた。
 もうル・リムはネタ路線まっしぐら。
  
 後、ピアノ連弾はやり過ぎ。


_________

マリみてのおこぼれに預かろうと企画された本作。
結構頑張ってるね。

真面目に百合やられてもつまらないけど、マリみてのパロディとして見れば結構面白い。

G’s企画だけあって、ねーよwwって笑いながら見るのが正解だと思う。

   

テーマ:ストロベリー・パニック - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/09/05(火) 22:52:25|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
本家サイトはこちら

アニメ視聴予定
ハヤテのごとく!
   ゼロの使い魔~双月の騎士

ななついろ☆ドロップス
School Days


魔法少女リリカルなのはStrikerS
アイドルマスター XENOGLOSSIA
   ひぐらしのなく頃に解

プロフィール

Author:ヴィント
夢はニート

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Blogリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。