MAY STREAM

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラムネ12話(最終回)

評価 A 最終評価 B

TVKなので、時間変更して水曜深夜放映でした。

で、良い最終回だった。

健ちゃんの昏睡期間の1年を綺麗に描いた感。
まあ、ベタといえばベタだし、演出面の弱さ(表情の動きとか…作画は良かったけど)もあって、泣けるってレベルではなかったものの、オチとしては良く出来ていたかと。

中盤までのヌルい展開から考えると、終盤2話の事故は唐突過ぎて無理矢理感動系にしてみましたという印象も拭えないんですが、何だかんだで多少は波があった方が自分としては良いので、不問。

今期のエロゲ原作アニメが、尽くオリジナル展開に走った上に迷走して着地を見誤っている中で、無難に終わらせたのは賞賛に値する。


ただ、エピローグにもうちょい時間割いてほしかったかなぁとも。
このさっぱりしたヌルさがラムネらしい点なのかもしれませんが。

つか、このバカップル、キスすらしませんでしたよ?
スポンサーサイト

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/29(木) 02:28:05|
  2. 東方
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:0

D.C.S.S.26話(最終回)

評価 D最終評価 D

2クールも使いながら、結局は無理矢理な締め方。
まさか種死並のグダグダ進行をする作品になるとは、7月の時点では思いもしなかった。

純一と音夢が苦しむのを見て、自分の魔法のミスにようやく気付いたアイシア。
桜を枯らせようとするものの、アイシアの想いに応えた桜の木は、2年前のさくらの時同様、アイシアの意志に反して枯れようとしない。
結局、アイシアは己の魔法で初音島から自分が桜の魔法とともに去る事を選択し、魔法の効果は消えた。

数年後。教会で結婚式を挙げる朝倉兄妹。
音夢の投げたブーケは、黒ずくめの少女の手に。少女がブーケを空中に投げると、ブーケは分かれ女性陣全ての手に渡る。

そのまま何も言わず去ろうとした黒ずくめ=アイシアだったが、後ろから純一に声をかけられて…終了。

意味の分からんエンディングだったなぁ…


まあ、言いたい事は今までの感想で散々述べたんですが…改めて整理。

・主人公が純一なのかアイシアなのか、定まらなかった

コレに尽きる。

純一と音夢の結婚式をやってしまったので、3期はもう無しとみていいか。
まあ、曲芸商法としてはここからDCⅡに繋ぐんだろうなぁ。

テーマ:D.C.S.S - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/26(月) 00:00:00|
  2. 東方
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

第2回葉鍵板最萌トーナメント!!

開催中。(→組み合わせ


前回から4年…

正式参戦CLANNAD、うたわれるもの。
新規参戦智代アフター、Planetarian、天使のいない十二月、Tears to Tiara、鎖、東鳩2、Tenerezza、Routes。

総勢256名による一日一殺のバトルが再び。

正直、かつて程の勢いは無いので、票数もやや寂しいものになっていますが、これから徐々に増えるか。

以下、私見から各ブロック考察。

Aブロック…上はCLANNAD最人気ヒロイン藤林杏が圧倒的有利。
     ロボ系元祖マルチも地力の強さがありそう。

     下は前回16強の美凪、楓の激突なるか。
     Routes伏見ゆかりが対抗。
     漫画版のみの顔設定の仁科りえも上手くいけば由綺まで喰えそう。

Bブロック…上は名雪が初戦の凸ネタを一蹴できれば、後は勢いに乗りそう。
     葉側が弱い印象なので、実質風子との決戦かも。

     下は鳩2No.2人気タマ姉が有利。
     イルファも人気はそこそこだが厳しいか。
     今回はクジ運に恵まれた長森がアンチの少なさで対抗。

Cブロック…上は初戦から裏葉・神奈のsummer編ヒロイン対決。
     こみパメインヒロイン瑞希、前回4強みさき先輩と混戦模様。

     下は片方はステルス彩として、もう片方は混戦。
     順調に上がると、晴子と葵がまたも3回戦で激突。
     

Dブロック…上は鳩2Xのささら先輩がネタの新鮮さから有利。
     前回準優勝の『メイン喰らい』佐裕理さんと一騎打ちとみていい。

     下はアニメ効果で観鈴が一歩先にいきそう。
     前回一大サプライズを起こしたユズハとしのさいかが初戦対決。

Eブロック…上は前回8強の綾香を筆頭に、あゆ・栞・茜と古豪揃い。
     鳩2一番不人気の黄色ではちとキツイ。
     ラストの少女vsみずかという、その世界を象徴する勝負は見物。

     下はわれものメインヒロイン、エルルゥが片側の筆頭候補。
     1回でも勝てば4月からのアニメ効果も期待できる。
     もう一方は自殺未遂の天いな代表・雪緒と前回8強秋子さんの激突。

Fブロック…上は幼馴染パワーであかり有利か。
     対抗は娘パワーの汐、漢パワーの七瀬。
     アンチの多い涼は不利。

     下は対戦相手不明とはいえ、芹香優位。
     初戦一番の見所は天野vs早苗さん。

Gブロック…最激戦区。
     上は新旧ちゃん様に加え、CLANNAD人気ヒロイン智代もいる。
     葉屈指のネタキャラ緒方里奈が底力を見せ付けるか。

     下。新型幼馴染・鳩2メインヒロインこのみはここに。
     CLANNADメインヒロイン渚と、鳩2最人気ヒロイン愛佳が初戦で激突。
     壮絶な潰しあいに。
     もう一方も、天いなメインヒロイン透子、鳩2名サブ郁乃が。

Hブロック…上はるー子有利。
     琴音・芽衣がどこまで対抗できるか。

     下は一回戦最終を飾る柏木姉妹対決に注目。
     まあ、前回優勝の姉が勝つだろう。
     前回ベスト8のセリオ、初戦であかりと熱戦を演じた舞。
     ここもかなり激戦区。


さすがに全作品を知っているわけではないので、ちと偏ったところも。
鎖とかTtT、Routes等の一部葉作品は知名度に欠けるので、最初からかなり不利。
鍵の方が固定客多いだろうし…
前回参加者が戻ってくれば、それだけ旧作キャラが有利になる。

トーナメント自体はかなりバラけている印象。
Gブロックがヤバイくらいで、後は候補がかなり絞り込める。

さすがに本戦だけで255試合とかになるので、8ヶ月ずっと張り付くなんて出来ませんが、ちまちまとチェックしていこうかと。

1回戦が終わるまでで5ヶ月かかるんだよなぁ(苦笑

  1. 2005/12/20(火) 21:55:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週の感想について

卒論修羅場モードのため、緊縮進行。


シャナ12話  …暇があればいつも通りの時間に。
         無ければ金曜以降。

SHUFFLE!24話 …録画もできないので多分視聴できず。
         感想無し予定。

舞-乙HiME12話 …金曜以降。

なのはA's12話 …視聴できない可能性高し。
         11話もまだ見ていません。

DCSS26話&ラムネ11話は平常運転。
  1. 2005/12/20(火) 01:29:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Canvas2~虹色のスケッチ12話

評価 C

可も無く不可も無く。
閑話。

浩樹とエリスの和解のためのワンクッション。
何か霧ENDの可能性高くなってきたな…脚本が女性だと、どうにも悲恋ヒロインの方をプッシュしそうだし。

で、2週も空くんですか…ローゼンといい、年末年始は結構休みが多いですね。
次回は浩樹・霧の過去語りかな。いよいよ、唯一の原作男サブキャラが出るか。
今まで名前すら出てないんだよなぁ(笑

アイキャッチは監督自ら。
前作キャラは満を持してメインヒロイン天音登場…と思ったら、声無し。
メインなのに…
これで残りは柚子と藍だけか。柚子は出そうにないなぁ、一番不人気だし(というか影が薄すぎる

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/20(火) 01:20:37|
  2. 東方
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

ラムネ10話

評価 A

そろそろAつけてもいいと思った、ラムネなこの頃。

まあ、他のエロゲ原作が軒並み着地に失敗している感があるので、安定低空飛行を続けていたこの作品が相対的に上がってきたような気もするんですけど。

何というか、作品に見合った展開、そして見合った着地点。
作画は壊滅的(東鳩2よりはマシってレベル)ですが、何かそれすらもどうでも良くなるくらい、まったりした雰囲気。

ほとんど公認バカップルだった健二と七海も動き始め、終盤へ。
というか、最初から障害なんて無かったこの二人、どうやってクライマックスにさせるんだろうか(笑

テーマ:ラムネ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/18(日) 02:07:40|
  2. 東方
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

D.C.S.S.25話

評価 C

ことりと眞子が一番扱い酷いよなぁ、この作品(苦笑

前回誓いを交わした朝倉兄妹ですが、結局桜の魔法には抗えず記憶改竄。
純一は血引いてるんだから、もうちょい抗ってもいいだろうに。
魔法使いの血を引いていない音夢と同時に記憶に齟齬が生じるって、どうなのよ。

音夢の慟哭を聞いて、間違いに気付き始めたアイシア。
後は前期のさくらの後追いかぁ?

テーマ:D.C.S.S - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/18(日) 01:54:16|
  2. 東方
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ローゼンメイデン・トロイメント9話

評価 B

蒼星石(´Д⊂

死亡フラグは立ちまくってたし、スタッフ自ら蒼は酷い目に遭うとか言ってたんで、この結果は見えていたわけですが。

ただ、原作に無理矢理話を繋いだ感がぬぐえないかなぁ。
銀の一撃であっさりローザミスティカ放出だし。
演出面の問題だったのかもしれないけど。

しかしどうやってここから締めるんだろう…と思いつつ、次回放送が1ヶ月後って何?

テーマ:Rozen Maiden ローゼンメイデン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/18(日) 01:46:29|
  2. 東方
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

舞-乙HiME11話

評価 B

アキラ・タクミ登場。
普通にマスターとオトメの関係かな。

マシロとタクミの絡みとは新鮮。
どうにも、人間関係が前作ままの事が多いので、もうちょい弄ってもいいかなとは思った。

ニナとセルゲイ、義理の親娘での恋愛感情って、少女漫画っぽいなぁとか。
百合要素もそうだけど、結構意識してるんかな。

テーマ:舞-乙HiME - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/18(日) 01:40:58|
  2. 東方
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

SHUFFLE!22話

評価 B

おかしいなぁ…普通に面白かったよ?(酷

というか、完全に初期のドタバタのノリに戻ってますね。
亜沙とくっついた事を考慮に入れなければ、これこそが本来のSHUFFLE!の持ち味なんだろうな。
それ故に、19・20話が異端過ぎた…

樹、稟に一人を選ぶ事を説きながら、自分はハーレム。さすがだ。
ゲームだと、稟と比較して貶されるだけのキャラですが(プリムラルート除き)、正直樹ならできると思うんだ。じゃなきゃ、全バーベナ女子から人気なんて設定できるわけないし。
土見ラバーズだけが良い子・良識持ってる子ってのは、ちとモブキャラが哀れなんで。
むしろ、土見ラバーズの方が良識には欠けてるとしか思えんし(笑

久々に樹・麻弓の掛け合いも見られたし、ギャグパートがなかなかに良かった。
すっかりシアはエロ担当になってしまっていますが、これが人気最下位、扱い悪さダントツのヒロインの末路か。
結局、キキョウとコロコロ入れ替わるネタキャラになってしまったな。
宴会で、キキョウvsプリムラ勃発、神王が余波くらいまくりなのは笑った。こんな良いキャラなのに、キキョウの出番はもうほとんど無い…小説版みたいに、シア編を速攻で終わらせて、サポート役でキキョウ立ち回らせた方が良かった気も。

楓はさすがに救済措置があったものの、アレで完全に立ち直らせたとスタッフが思ってたらお粗末だよなぁ。稟の部屋での会話で泣き出してしまったように、楓だけは今後ずっと後に引く終わり方にならざるをえませんな。
話的には、むしろずっと惨めな扱いにしてしまった方が同情引けるのにね。

稟は一人暮らし開始。家賃1万5千とかありえねぇ(笑
どんなにボロくても2~3万はいかないか?結構都市部だし。

カレハの妹、ツボミもゲスト出演。ほんとオマケだ。
カレハ先輩も、ラバーズ仲間入りのような発言をしつつ、かき回すのは良いね。

そして、最後にまた倒れる亜沙先輩。
残り2話。
亜沙シナリオを上手く見せないと、楓編以上のインパクトは見せられないわけで、クライマックスに相応しい締めができるかどうか。
正直、その点が不安ですが…


で、キャスト順が亜沙2番目になってる罠。

どこの種死ですか?


テーマ:SHUFFLE! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/16(金) 01:25:31|
  2. 東方
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:0

第4回東方シリーズ人気投票



12/18~12/24まで投票日。

今回はスペルカード部門が無いのか…たしかに、花映塚は印象薄いからなぁ。
キャラは1オシ含めて3キャラ。
音楽は5曲。

キャラ選ぶのは悩むなぁ…不遇キャラほど入れたくなる性分なので、霊夢には入れたいところ。
後は、輝夜、永琳、優曇華の永遠亭組と、慧音、紫辺りか。

前回トップ3には入れる気は起きないな(ぉ

音楽は、花映塚の大部分がハズレなので、前回と変わり映えしなさそう…見所は、風神少女と今昔幻想郷がどれだけ頑張るかってとこ。

・夜が降りてくる~Evening Star
・竹取飛翔~Lunatic Princess
・幽雅に咲かせ、墨染の桜~Border of Life
・リーインカーネイション

は確定として、

・ネクロファンタジア
・亡き王女の為のセプテット
・U.N.オーエンは彼女なのか?
・風神少女
・幽霊楽団~Phantom Ensemble
・シンデレラケージ~Kagome-Kagome

ここら辺どうしよう…悩む。
  1. 2005/12/15(木) 19:59:08|
  2. マリみて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

灼眼のシャナ11話

評価 A

すっかり原作既読のための、原作比較感想になってしまった気もしますが…まあいいか。

千草vsアラストール。
他はかなり端折ってるくせに、ここは丁寧に描いたなぁ。
やっぱり、シャナの精神成長がメインに描かれるのかな。
呷りを食らって、吉田の出番がステキに減っているのが哀れ。
千草さんは良いママンですね…

そういや、アニメだとシャナは悠二の部屋に隠れ住んでるんだよな、何故か。何でわざわざ台詞で言わせたんだろ…

前回は、ソラト・ティリエルの変態キスは寸止めだったものの、今回はぶっ飛んでやるわやるわ…糸引いてるー。
ゆかり、台詞がイチイチエロ過ぎる(笑

戦闘は一切無し。
シュドナイとマージョリーの邂逅のみで、バトルは次回持ち越しか。

テーマ:灼眼のシャナ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/15(木) 01:22:09|
  2. 東方
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:0

ToHeart2 11話

評価 D

オリジナル展開になったので、久しぶりに感想。



と、いきたいところだけど…酷すぎ(笑

いやもう、あまりにも酷すぎて笑うしかないわ。

てっきりオムニバスだと思ったのに、これで話繋がってるのかよ。
ようやく、原作で見られなかったヒロイン間の交流が見られるのかと思ったのに、こんなスカスカの内容じゃなぁ…

東鳩2の人気2トップがタマ姉といいんちょだけどさ。



タマ姉ってさ。





台詞棒読みだよな(タマ姉ファン敵に回す発言

タマ姉がずっと喋ってたせいか、作画の酷さも相俟ってダメダメ感が増した気が。


結局草壁さん出ないっぽいし…何かXRatedのささらが好評っぽいので、出して欲しいかなとも思うけど。
無理か。

  1. 2005/12/13(火) 03:01:52|
  2. 東方
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

Canvas2~虹色のスケッチ11話

評価 B

えーと、どうやらシリアス展開は一応決着着いたようです。

さすがに、浩樹の気持ちに変化つけるわけにもいかなかったようで、エリスが自己完結。
とりあえずは、元の関係に戻ったってとこか。

バカキャラになりつつあった美咲も、今回は萩野・藤浪と組んでサポートとして見せ場アリ。
こういう役どころが一番映えるな。

霧は熱血バカというか…借り物競争で本気になるなよ(笑
まあ、大切な人だとか好きな人なんて、借り物競争のリストとしてはやっちゃいけないモノだけど。

作画は酷かった(特に目)けど、話としては綺麗にオチがついて何より。
これでまたまったり回&サブヒロイン担当回を処理して、本命の浩樹の絵画への話に移るのかな。

アイキャッチは竹内部長と藤浪のコンシューマ追加キャラの中の人。
上手くは無いが、コレが普通か。萩野の中の人とか、他で言うと、後藤邑子、水橋かおり、門脇舞みたいに絵が上手い方が異端だわな。

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/13(火) 01:25:34|
  2. 東方
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

SHUFFLE!その後

Navel公式BBSが荒れてますなぁ。
以前エロゲ規制の書き込みで荒れた時は介入しましたが、今回は傍観。
いや、アホらしいし(笑

原作の公式BBSなんだから、話題になるのは当たり前。
特に原作信者にとっては、アニメ版は別物として捉えている節があるので、不満点はぶつけて当たり前と思っているようですね。
公式はあくまで原作の公式であって、原作批判をするのはとりあえず論外ですな。
Navelとしても、不買運動の書き込みは削除していますが、スレ自体を消さないって事は容認の方向でしょう。
もしかしたら、Navelスタッフも不満持ってるかもしれないしね。
ヘルシングみたいに原作者がアニメ版を黒歴史扱いにして、再アニメ化するかもしれないし、Navelとしてはその方が売上げ的にもオイシイな。
俺つばが何時出るか分からない以上、資金繰りには用心したいだろうし。空いているあご・藤海のライターと鈴平原画で何か新作作って穴を埋めるのか…


さて、個人的な21話の不満点を整理しておくと、

・19~20話での波乱からあまりにも21話があっさり収まってしまった。
・亜沙エンド確定により、最終話(その直前)のクライマックスのインパクトが弱くなる。
→21話が最終回ならまだ納得できる展開だった。

この2点に尽きる。
基本的に自分は、終わり良ければ全て良しな人間なわけですよ。
だからこそ、ネギま!の最終話は突き抜けて面白いと思ったし、ガンダム旧シリーズは全般的にラストが面白いからこそ名作だと思ってます。

SHUFFLE!はこのまま行くと、亜沙シナリオを消化するだけだから尻つぼみな最終回になりそうだというのが現状の見解。
せめて最終話が全員登場でのドタバタエンドだったら、収まりはいいんだけど…

シリーズ構成が失敗してるのかなぁ…


●人気のお話

ヒロイン人気は、コンプによれば亜沙>楓>ネリネ>プリムラ>シア。
4thヒロイン、先輩系と、人気取るには随分と不利な属性を持っている亜沙ですが、意外にも1位。
アンチを作り難い性格ではあるんだろうけど、誰に肩入れしているわけでもない(好きなキャラが本作では非常に流動的なので)自分からしても不思議な現象。
角川コンプなので、組織票・票操作当たり前。編集も亜沙プッシュっぽく、最初からバイアス懸かり過ぎな気もしますが。コアファンの人気が高い事は示せるけど、コンプを買わない層は楓の方が強いのかね。
DVDを買うのは前者だろうから、亜沙エンドは戦略的には間違ってないか。ネット上で文句言うようなのは、基本的にはDVD買わないだろうし。

楓はまあ、幼馴染・尽くし系・西又原画という要素が強いので、人気は納得。
ネリネの強みは、鈴平原画・不器用お嬢様。絵師人気が西又>鈴平で、地力では負けるものの、西又絵に飽きた人が総じて流れやすいので、ある意味有利。

シアの人気の低さは、単にシナリオか。これはPS2版でED追加された事で改善されたようだけど。
後、小説版でもキキョウの扱いが良いので、コアなファンならシア好きも多いかもしれない。しかし、コアなファン=西又絵に飽きた可能性も高く、悪循環を起こすスパイラル状態。
SHUFFLE!ヒロイン中、家庭的という点で他と競合し、西又のプリンセス系外見を持ちながら、庶民的過ぎる性格がミスマッチ。
他ゲームの西又プリンセス系と比べても、キャラのインパクトにどうしても欠けるので、印象に弱いんだろうなぁ。

ぶっちゃけ、西又女史はシアの人気の低さをあご先生のせいにしているけど、この二人のキャラ相性が悪いだけのような気もする(苦笑
それを分かってて、俺つばでは王と西又のみで組んでいるのかもしれないなぁ。

テーマ:SHUFFLE! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/12(月) 20:07:29|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラムネ9話

評価 B

佐倉担当回2回目。

引越しの手伝いをする健二達。
端野に当たって体勢を崩した佐倉の手から、ラムネ瓶が落ち割れてしまう。
それはかつて、佐倉が初めて健二に会った時に交換してもらったラムネ瓶だった。
気にしないよう振舞う佐倉。
七海の喫茶店での送別会、鈴夏に呼ばれた友坂家。佐倉はプレゼントを貰ったり、有意義な時間を過ごす。それと同時に、健二と七海の絆の強さを改めて見せ付けられるのだった。


そんな悲恋話。
原作やってないから良く分かりませんが、ほぼ原作準拠だと判断しておきます。
元がねこねこ特有のちょっとイイ話というだけあって、1クールで1話ずつ纏めるには丁度いいのかもしれません。
構成も手堅く、安心して見ていられる。

これで、残り3話(?)で七海とのストーリーを進行させて終了ですかね。
今期、コレ以外のエロゲ原作がオリジナル展開し過ぎなので、驚異の展開は無いけど無難さでは他を圧倒しているな(笑
  1. 2005/12/11(日) 02:23:30|
  2. 東方
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

D.C.S.S.24話

評価 C

んー、作画が随分とまた崩壊気味…今まで作画だけは安定してたはずだけど、はて?
枯れない桜の所に、純一、杉並、工藤が来た時なんか酷かったな。

さて内容。
桜の木復活により、純一・音夢が恋人同士だという記憶が消えかける。
魔法の影響を受けないさくらは、ことりの様子のおかしさ、そして桜が咲いている事に気付き、再度枯らせようとする。
しかし、アイシアの純粋な想いに応えた桜は、さくらの意志では介入する事が出来なくなっていた。
純一・音夢も記憶を失いかけるが、~(中略)、永遠の恋人宣言しましたとさ(投げ遣り

うん、内容は悪くないんだわ…内容は。
24話単体なら、普通に見られるレベルにまで回復してきてます。
記憶が改竄された時の方が、その他ヒロインの言動が生き生きしてたのは笑ったけど。

結局のところ、DCSSが失敗したのは、アイシアを中心に据えるか、純一・音夢を中心に据えるかで視点が定まらなかったのが原因。
アイシア中心なら6~9話は蛇足だし、このまま音夢エンドにする意味も無い。むしろ朝倉兄妹なんて出すだけ邪魔だった。
逆に朝倉兄妹中心なら、ことりの悲恋回が無駄。純一がことりに揺らぐならまだしも、音夢との関係が鉄壁過ぎた。

やるにしても1クールで十分な内容だったなぁ。

後ED変わりましたな。
出ていなかったさくらと音夢が登場、アイシアと3人のみの構成。
OPは変わらず、か…展開とOP構成が乖離し過ぎなんだけど。

SHUFFLE!といい、エロゲ原作モノは2クールだと構成に無理が出てきているなぁ。1話の時点で、誰とくっつくかくらいは軽く暗示するべきだと思う。というか、1話(序盤)に伏線張ってくれ(苦笑
SHUFFLE!もDCSSもそれで叩かれてるんだから。
  1. 2005/12/11(日) 02:10:05|
  2. 東方
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

魔法少女リリカルなのはA's10話

評価 A

熱いなぁ。

変態仮面は結局リーゼアリア・リーゼロッテ。
クロノの奇襲により変身が解け、束縛される。

グレアム提督から、真意を聞くクロノ。
氷結の杖デュランダルを用い、暴走直前の闇の書をマスターごと凍らせ、転移させないようにするという方法。

まあ、クロノの言う通り、いつかは凍結も解けるだろうし、永久封印は不可能ではあるんだろうけど。それでも、危機を先延ばしにできるなら、ってとこか。

一方、なのは達。
驚異的な闇の書の魔力に太刀打ちできず。なのは自身も、はやてを想うばかりに気が気でない様子。
闇の書のスターライトブレイカーを避けるため、距離をとるなのは・フェイト。
その時結界内にアリサとすずかが取り残されているのを見つけてしまう。

日常の友人達への正体バレ。まさしく王道展開だ(笑

アリサ・すずかを避難させたなのは達は、闇の書に投降を呼びかける。
応じない闇の書に、フェイトが攻撃を仕掛けるが、闇の書に吸収されてしまう。

んなわけで、フェイト脱落。
まあ、次回予告見る限り、はやての心の中で説得するんだろう。
実質、闇の書との対決はなのはがつける事に。
未だ見ぬエクセリオンモードが決め手か…つか、正体バレした以上、なのはシリーズを終わらせる気かもな。
エクセリオンモードは危険らしいし、魔力全て込めて決着、魔力喪失で普通の小学生に戻るEND。

テーマ:魔法少女リリカルなのはA’s - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/11(日) 01:50:21|
  2. 東方
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

ローゼンメイデントロイメント8話

評価 B

蒼の死亡フラグ着々と。

ついに真紅達に決別宣言。
アリスゲームに乗ってしまう。

一方、銀は薔薇水晶から、ローザミスティカがあればメグが助けられると告げる。
これで銀が蒼を殺す方向に持っていくつもりなのか…

ジュンは人形製作の現場を見て、ローゼンの考えに疑問を持つ。
蒼の決別宣言に対しても、アリスゲームに反論する構えを取る。

成長したなぁ、JUM君。
何か金が桜田家にあっさり馴染んでしまってますが、そろそろ収束に向かうかな。

テーマ:Rozen Maiden ローゼンメイデン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/09(金) 20:43:41|
  2. 東方
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:0

舞-乙HiME10話

評価 A

ミドリちゃん、愕天王ってっ!(笑
一人だけチャイルド使用可能かい。

さすがに生身だけあって、完全にオトメと対等ってわけでもないみたいですね。
時間制限アリでオトメ並の力を手に入れられるわけか。

唯一男の中でストーリーの本筋に絡んでいそうなセルゲイ。
アリカを体で暖めたり役得ですな。
前作の楯みたいにヘタレてないのが好印象だ。

ハルカはもうちょい格好良く決めるかと思ってましたが、やっぱりこんな扱い。
マテリアライズの変身ポーズはやりすぎだ。
シズルさんは強いねぇ…このまま最強クラスだと萎えるから、2クール目辺りで負けそうだけど。

テーマ:舞-乙HiME - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/09(金) 20:37:37|
  2. 東方
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

SHUFFLE!21話

評価 D

着地失敗!

えーと…スミマセン、スタッフ様。構成間違ってませんか、コレ。

19・20話でアレだけ楓を引っ張っておいて、この呆気ない終わり方…

絶望したっ!

結局、稟ほとんど何もしてないじゃないか…楓が勝手に納得しただけだよ。
しかも、亜沙との会話時点じゃ、表情見る限りじゃ精神的にヤバかっただろうに、あっさり亜沙と和解。
あの表情はもう一波乱起こす顔だったのに…肩透かしです。

コレでもう亜沙エンド確実か。
別にキャラクター的には、前から書いているように問題無いキャラではあるんですが、事実上の4thヒロインだからなぁ。
それに、中盤からあまりにも亜沙を特別扱いしてたのが気になる。
ちと完璧超人過ぎやしませんか、この人。
本来的に、稟が完璧超人として原作では扱われいたんですが、そのお株を奪ってしまった感が。

残り3話を丸々亜沙シナリオで終了。
楓シナリオをあれだけオリジナル展開で光らせたのに、亜沙はそのままやりそうだな…どう考えてもクライマックスの持って行き方を間違えたような気もします。

まあ、最終話でオリジナル回やるかもしれないとして、それでハーレム気味に終えるんだろう…味気ないっちゃ味気ない。

テーマ:SHUFFLE! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/09(金) 01:29:37|
  2. 東方
  3. | トラックバック:10
  4. | コメント:0

マリみて新刊

「未来の白地図」表紙キタ。

瞳子がついに表紙初登場。
どうやら妹問題は決着着きそうだ。

つか、もう22巻目ですか…ピーク時のレイニーブルーが10巻だから、10巻分は引き伸ばしまくったんですね。

あらすじ見る限り、由乃さんの方も片付くかなぁ…祐麒もキーキャラっぽく書かれていますが、また咬ませなんだろうな(苦笑
  1. 2005/12/08(木) 23:56:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

灼眼のシャナ10話

評価 B

前回が捨て回なら、今回は繋ぎ回か…

やる気を無くした悠二に対し、シャナの苛立ちが募る。
徒がくれば悠二もやる気を出すと、徒の来襲を願うシャナ。
折りしも、はぐれ燐子が登場。
それでもシャナと共に行こうとしない悠二。
シャナは燐子を倒すが、心の重しは消えなかった。
背後から声をかける悠二に、強くなれとシャナは想いを込めて言う。

一方、愛染自ソラト、愛染他ティリエル、千変シュドナイが御崎市に現れる。


ティリエル@ゆかり登場。結構声高めで来たか…
兄妹同士での変態キスは微妙に寸止めだな(笑

悠二がやる気無くすのって3巻だっけか…あっさり和解したっぽいので、随分展開急いでいるんかね。
3・4巻の内容、3話で終わるかなぁ?

どうにも吉田の印象が薄いのが気がかり。


そんなわけで、原作は新刊の11巻まで(10巻飛ばして)読了。
熱くなるのは7巻辺りからだな…かなりローペースな気がする。
10巻の過去話、11巻の学園祭とかなり中核のストーリーが進んでないですが、その中でも、じっくりと悠二の成長を描いている辺りは好印象。
2巻の対マージョリー戦でシャナのフレイムヘイズとしての力はほぼトップクラスの実力になってしまったわけで、以降はシャナは精神面の成長、代わりに悠二が力を地道につけてるんですな。
その内、シャナでも手をつけられない化け物トーチに進化しそうなんだが…結構そこら辺考えて作ってるのかもしれん。
とはいえ、このペースだと20巻以上いきそうなんですが…

テーマ:灼眼のシャナ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/08(木) 01:41:14|
  2. 東方
  3. | トラックバック:28
  4. | コメント:0

今週のスクラン

麻生担当回。

良くも悪くも普通。

正直、当初モブだった麻生がいきなりメイン級の周防とくっついても不自然さしか見えないんだよなぁ…
きっかけはバスケ編だったんだろうけど、麻生の心情描写なんて今まで皆無だったから余計違和感が。
ってか、サラはどうした、サラは。


菅…(´∀⊂

テーマ:週刊少年マガジン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/07(水) 20:28:26|
  2. アニメ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Canvas2~虹色のスケッチ10話

評価 C

過去語り。
学校サボって北海道に帰るってのはまた凄いな(笑

エリスママンは萌えますね。キャストは川澄だったし…何かゲストキャラが妙に声優豪華だ、この作品。

エリスの心情描写を丁寧に描いている点では良いんだけど、作画が追いついていないのか、背景等ののっぺり感が否めない。
北海道ってあんなイメージですか、そうですか。まあ、自分は札幌とか南西部しか知らないから、北東側はあんなものなのかもしれないけど。
たしか、原作でも出身は北海道というだけで、細かい場所は記述が無かったんだっけか。

後、エリスって車ダメなはずじゃ…研修旅行ではバスだったけど、バスはOKなのかね。

アイキャッチは恋キックとPALLETEのキャラ。
1話以来のアニメ絵でした。七尾は最後までとっておく気だろうなぁ。

浩樹とエリスの関係を微妙に保ったまま、パリ行きも保留にしつつ、浩樹の絵の話にもっていくのは相当キツイような気もするんですが…そこがスタッフの力の見せ所かな。

テーマ:Canvas2 ~虹色のスケッチ~ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/06(火) 01:29:48|
  2. 東方
  3. | トラックバック:8
  4. | コメント:0

ラムネ8話

評価 

佐倉担当回。
かと思ったら、次も佐倉?優遇されてますね。

玉砕覚悟で告白敢行。
引越し前の思い出づくりのために健二も相手をすることに。

見所だったのは…

3人並ぶとデカさが際立つ鈴夏。
多恵先輩、一人だけジャージ…制服持ってるだろ。
佐倉との関係を訝る七海。嫉妬心全開ですね。
最後のシーンの健ちゃん漢前度。

テーマ:ラムネ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/04(日) 01:46:40|
  2. 東方
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

D.C.S.S23話

評価 C

うーん、話的には良かったんだけど演出がショボかったかなぁ…

誰にも気付かれることなく、再び咲いた桜。
夏休みの宿題が終わらない純一のとった手は、友人を呼んで一緒にやること。

面子に杉並とか工藤がいないのは何故ですか?
純一、女しか呼ばないってのは人間としてどうかと思うぞ。

徐々に徐々に、朝倉兄妹の関係の認識が不確かになっていく。

桜は、朝倉兄妹の関係が恋人ではなく兄妹にすることで、アイシアの願いを叶えるのか。
最終的には、純一・音夢も恋人としての認識を失ってしまう。

アイシアは、最初は気付かず、家に来た女性陣に不満を隠せない。
一人外を歩いていた目の前に、桜の花びらが舞った。


しかし、ここからどう話を収める気だ…?
後3話なんだよなぁ。
さくらにまでは認識力の変化は効いていないと思いますが。
ぶっちゃけ、音夢をメインヒロインとして捉えなければ、このまま終わっても全く問題ないんだけど。
アイシアの望んだ結末と違う事で、アイシアが改心。でも、桜の魔法は変えられず、リセットの中から再スタートへ。
これで決着は一応つくな。

にしても、周りが兄妹という事を強調して発言している時は、音夢に大しては凄い嫌がらせにしか見えないのは笑った。

テーマ:D.C.S.S. ~ダ・カーポ・セカンド・シーズン~ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/04(日) 01:40:12|
  2. 東方
  3. | トラックバック:8
  4. | コメント:0

ローゼンメイデントロイメント7話

評価 A

お茶会。

ってか、銀はほとんど出番無しなのか…前回わざわざ復活したのに。

銀が復活した事で、真紅の様子が変わる。
何処と無く生き生きとした雰囲気を見せるように。菓子作りにも参加したりと、他のドールズは呆気にとられる。
女王様気質な真紅様ステキだ…

金をあっさり招き入れお茶会。
蒼はそんな真紅の様子に不信気味。
蒼が問い詰めると、真紅はアリスゲームの放棄を告げる。

一方、金はマスターであるみっちゃんの要望に応えるためアリスゲームを仕掛けることに。

って、金糸雀強いな、オイ(笑
翠を圧倒するのかよ。

結局、みっちゃんの家に遊びに行く事で決着。
ドールズ着せ替え(笑

あぁ、平和だなぁ…蒼がますますローザミスティカ失うフラグ立ってるけど。

テーマ:Rozen Maiden ローゼンメイデン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/04(日) 01:28:12|
  2. 東方
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:1

舞-乙HiME9話

評価 B

遠足~…じゃなくてレンジャーかい。

エルスは随分と役割大きいのかね、最近はニナよりもアリカと一緒にいることが多いし。
前作と結びつけて見てしまうせいか、今作のキャラはアリカ、ニナくらいしか主要キャラにならないのかと思ってたんですが…
キャラは前回ですら多すぎたってのに、減らす事なく今作で追加すると一人当たりの出番が極端に少なくなるんだよなぁ。

助けを呼ぶために一人道を進むアリカ。
アリカの前に現れたのはサイボーグ。コミック版でもいたシュバルツ?
崖から落とされたところで終了。
次回予告見たところ、セルゲイが助けるようですが…楯オイシイな(笑

テーマ:舞-乙HiME - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/04(日) 01:00:58|
  2. 東方
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:0

魔法少女リリカルなのはA's9話

評価 A

こっちも超展開。
とうとうはやての病室でヴォルケンリッターとなのは達が邂逅したと思いきや、変態仮面が戦闘に割り込んで守護騎士全滅、闇の書あっさり完成。
はやてはダークサイドに堕ちてしまいました。


後4話あるんだよなぁ…守護騎士の出番がまさかコレで終わりとは思えませんが。

テーマ:魔法少女リリカルなのはA’s - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/04(日) 00:43:30|
  2. 東方
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2
次のページ
本家サイトはこちら

アニメ視聴予定
ハヤテのごとく!
   ゼロの使い魔~双月の騎士

ななついろ☆ドロップス
School Days


魔法少女リリカルなのはStrikerS
アイドルマスター XENOGLOSSIA
   ひぐらしのなく頃に解

プロフィール

Author:ヴィント
夢はニート

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Blogリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。